ヒアルロン酸注入?脂肪注入?切開しない豊胸手術で理想のバストに


バストのエイジングケアをしたいなら

豊胸手術というと、一昔前まではバストにシリコンバッグを挿入する外科的なものが主流でしたが、今は違います。切開せずに行えるものが主流で、多くの女性が気軽に豊胸をすることが出来るようになりました。最も手軽で費用が安いのが、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸注入は、体に吸収されにくいヒアルロン酸を注射で注入するという施術で、バストのエイジングケアに最適です。加齢によってバストがしぼんだり垂れたりして悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。そんな女性の強い味方となってくれます。バストのハリや弾力がアップし、若々しさを取り戻すことが出来ます。施術は20~30分程度で終わりますし、傷跡も残らないので安心です。個人差がありますが、効果は2~3年くらい持続します。

ナチュラルにバストアップさせたいなら

ヒアルロン酸注入と人気を二分するのが、脂肪注入です。脂肪注入は、太ももやお尻などから脂肪吸引をして、その脂肪を胸に注射で注入するという施術です。自分の体の組織を注入するので異物反応が起こる心配がありませんし、脂肪吸引をするので部分痩せが可能です。バストアップとスリムアップを両立させることが出来る、一石二鳥の施術であると言えるでしょう。感触は脂肪そのものであり、ナチュラルで柔らかいバストに導くことが出来るというのも嬉しいポイントです。脂肪吸引をした箇所にちょっとした傷跡が出来ますが、時間の経過とともに消えていきます。脂肪を注入した箇所に傷跡が出来ることはありません。

現在の豊胸手術で用いられている方法は、ご自身の太ももやお尻の脂肪を使った注入式なので安心安全に行えます。