育毛剤を使うだけではダメ?生活習慣を整えて育毛環境を整えよう


生活習慣と育毛について

育毛をする時は育毛剤を使えば安心だと、育毛剤の効果を過信してはいませんか。乱れた生活習慣は薄毛を招く原因になりますし、乱れた生活習慣のせいで薄毛や抜け毛に悩まされている人は多いのです。そのため、育毛剤を使うだけでは十分な育毛効果を発揮できない可能性もあり、時間とお金を無駄遣いすることになりかねません。育毛する時は、生活習慣を見直すことが大切です。

ストレスと育毛について

ストレスを感じると心も体も緊張状態になり、血管が収縮して血の流れが悪くなります。血液は頭皮に栄養を届ける役割があり、血行不良だと栄養が頭皮に行き届かななくなってしまいます。育毛剤には、血流を促進して栄養を届けやすくする作用があるものも多いですが、常にストレスがたまっている状態だと育毛にも悪影響を及ぼすので気をつけましょう。

睡眠と育毛の関係について

睡眠中に髪の毛を育てる成長ホルモンが分泌されるので、十分な睡眠がとれていないと頭皮にも悪影響を及ぼします。また、成長ホルモンが最も分泌されるのは深い眠りであるノンレム睡眠時です。睡眠時間をしっかりとっていても、質の良い睡眠がとれなければ、成長ホルモンが十分に分泌されないので気をつけましょう。育毛効果を高めたり、薄毛の進行を防いだりするためには、睡眠環境を整えることが大切です。

食習慣と育毛について

髪の毛は自分の食べたものの栄養で育てられるため、髪の毛に必要な栄養が不足していたり、過度な食事制限のダイエットなどをしていたりすると、髪の毛も元気がなくなってしまいます。健康な髪の毛を作るためには、毎日の積み重ねが大切です。髪の毛の生成に必要な栄養素は、たんぱく質、ビタミンB群、亜鉛など。育毛する時は、髪の毛に必要な栄養素を意識してみましょう。

育毛には、良質なタンパク質を摂るのが良いです。中でも大豆製品や赤身の肉などには良質なタンパク質がたくさん含まれているので効果的です。