レーザー脱毛を受けられない人って?最低限の条件を知りたい!


日焼けしている人は要注意

脱毛を考えている人の中で、特に注意したいのが日焼けしているパターンです。日焼けはレーザー脱毛における肌への痛みを強めてしまうため、施術に耐えられない可能性があります。もともとレーザー脱毛の痛みに関しては、人によって強く感じることもあればあまり感じないこともあります。それだけデリケートな問題であるからこそ、日焼けによってダメージを強めてはいけないのです。特に、脱毛を夏に始めようかと考えている方も多いのではないでしょうか。今年の夏は脱毛をしていなかったためにあまり外出できなかったけど、来年度以降は毛の処理を気にすることなくアクティブに活動したい、そんなタイミングでレーザー脱毛を受けると日焼け肌のまま施術を受けかねません。脱毛は肌状態も気にしながら計画的に行うこと、これが大切なのです。

妊娠しているパターン

妊婦も同様にレーザー脱毛は受けられません。母子の安全が最優先されますし、その間レーザー脱毛を通じて万が一の事態が起きてはいけません。レーザー脱毛を受けるのなら一旦育児が落ち着いたタイミングで受けると良いでしょう。また、妊娠前に脱毛を受けようと考えている場合、脱毛は1年や2年とかかることを忘れないことが大切です。

その他のパターンとは

脱毛は前もってカウンセリングが行われるため、実際に脱毛が難しいと判断されれば施術を受けることはできません。医療脱毛ではその判断を医師が行うため、体調や持病によっては医師に脱毛を拒否される可能性があります。

医療レーザー脱毛は、毛髪などに含まれるメラニン色素に反応するレーザーを用いて、毛の再生組織を破壊することで脱毛する方法です。